外貨両替やドル貯金をFXでやる

FX業者を銀行がわりに利用する?

海外旅行へ行く…など、円と外貨を両替するとき、普通は銀行などで行いますね。
銀行、あるいは郵便局などで両替する時の手数料は、たとえばUSドルの場合、1ドルで3円程度です。
ユーロなど、それ以外の通貨の場合はさらに高く、10円程度の手数料と取られます。

「時間がない!」ということで、空港などの両替商で両替…すると、もっと高い手数料を取られます。

けれど、普通の人にとって、これが一般的な両替方法ですよね。
もし、そのFXを知らなければ…。

FXというと、「投資」とかって捉えている人が多いと思いますが、外貨を取り扱うわけですから、「外貨両替業者」としても使えるわけです。
また、「短期の売り買いで利ざやを稼ぐ」という考えでないならば、FXを、「外貨預金」「ドル貯金」としても使えるわけです。

実際、今では、FX業者をそのように使う人も増えています。
その背景にあるのが、FX業者のスプレッドや取引手数料が安くなっているということがあるでしょう。

スプレッドが0.6銭(USD/JPY)魅力的な手数料FX口座のサービス詳細や実施中キャンペーンの情報は公式ページをご覧ください。

スプレッドとは?…スプレッドがよく分からない人のために

スプレッドとは?

金融商品取引業者の「外貨の売値」と「外貨の買値」には差額があります。
この「売値」と「買値」の差額をスプレッドと呼びます

これを、「金地金」と「円」でおきかえてみるとわかりやすいと思います。

たとえば田中貴金属では、毎日、金地金の「販売価格」と「買取価格」が公表されています。
この「販売価格」と「買取価格」は同じではありません。
今日の数字を見てみると、1グラムあたり、販売価格=3,186円、買取価格=3,114円とあります。
もし、田中貴金属が、まったく同じ重量の金を「買い取って(仕入れて)」「販売」したとしたら、1グラムあたり、3,186円-3,114円=72円が利益になります。
貴金属業者の売買手数料みたいなものですね。
「外貨」と「円」のあいだにも、同様の差額をもうけられているわけです。

つまり、このスプレッドが小さければ小さいほど、「外貨の売り買い(両替)」をするほうにとってはコストが少ないということになります。

さて、実際のスプレッド額ですが、これは業者によって金額はまちまちです。
以前の数字ですが、USドルと円の場合、たとえば、外為ドットコムでは3銭です。
外為オンラインで1銭。
マネーパートナーズ証券で3円。
と、ならべるとIG証券株式会社の0.6銭(米ドル/円)の魅力が分かると思います。

IG証券の口座開設は4ステップの簡単手続き

【Step1】申込フォームへのご入力

公式ページの申込フォームへ必要事項を記入します。

【Step2】本人の確認

運転免許証などご本人が確認できる書類や画像を、メールまたは郵送にて送ります。

【Step3】取引口座の案内が届く

お取引に必要な資料を同封した「お客様専用振込口座のご案内」が簡易書留で届きます。

【Step4】取引がスタート

世界を相手にした低コストで快適な取引を24時間可能に。

FX初心者はもちろん、ベテランのFX投資家の方も2つめ、3つめのFX会社として是非口座開設をしておきたい業者です。
口座開設手続きは、最短でわずか10分で完了。
実際の取引開始までは1週間ほどかかりますので、早めに手続きを終えておきましょう。


FX